▲▼紙の選び方

※注意※

使用感等はあくまでFUYUKO個人の勝手な意見ですのでご参考までに。

(モデルはオリキャラ もなちゃん です★)

 

★しっかり塗って比べてみた

【コピー用紙】

【筆のすべり】ふつう
【紙の目】ふつう

【にじみ】とてもにじむ

(とても裏移りするので紙を何枚か重ねて塗らないと机に移っちゃいます)
【入 手】しやすい


どこにでもあるし、紙も安いし、混色も綺麗で、入手もしやすいのでとっつきやすい紙だと思います。 ただ、にじみが強いので、線画との間にちょっと隙間をあけて塗り終わるなどの注意が必要です。

紙が薄いのでファイルなどに入れて保管する場合は、後ろに白い紙をいれるなどが必要かもしれません。



【ケント紙】

【筆のすべり】よくすべる
【紙の目】細かい・つるつる

【にじみ】あまりにじまない 
【入 手】大型のスーパーとかにもあると思われる

(製図などでも使われるのでそこそこ一般的)


つるつるとしてさらりと塗れます。 あまり紙が吸わないのか他の紙より色が薄めになります。塗りムラもあまりないので塗りやすいです。

混色具合は、色を重ねて厚みを出すというより若干混ざりつつも塗っているコピックの色が出てくるイメージ。あまり重ねずサラリと塗りたい方に向いていると思います。



【クレスター水彩紙】

【筆のすべり】すべらない
【紙の目】荒い

(スキャンしても紙の質感がとても出ます)

【にじみ】にじむ
【入 手】画材屋さんにしかないと思われます


上の2種類の紙と比べるとかなり全体的に濃くなります。
混色具合は、綺麗ですが、色によっては若干色が混ざらず浮く感じがあります。ただ、重ねるごとに厚みは増していきます。
水彩紙なのでかなりインクを吸いますが、荒めの紙の質感がスキャンしても良く出ます。




★あっさり塗って比べてみた

【ルーズリーフ(無地)】

探してみたら昔マンガ描くように買ったルーズリーフが見つかったので描いてみました。

発色は他の紙に比べて若干暗めですが、あまりにじみませんでした(線からはみ出しにくい)。混色もしっかりできて、すべりも良くとても塗りやすかったです!

裏移りはコピー用紙並みにしますので下に紙を敷いてから塗ってください。


個人的には、コピー用紙よりも断然おすすめです!ある程度厚みもあるのでしっかりしていますし。



【ヴィフアール水彩紙】

上のクレスター水彩紙と同じく、水彩紙なのでインクを良く吸います。 紙は荒目なのですが、クレスターほど質感がバリバリ目立ってくる感じではありません。

コピッカーの方でヴィフアール水彩紙を使っている方を見かけます。

 

オレンジの黒のスケッチブックの「マルマン」が販売しているので、

手軽に手に入りやすいです。



スケッチブック(表)

コピッカーの方に一番多く使われていると思います!

誰でも一度は見たことがあるでしょう、オレンジと黒(濃い緑?)のマルマンスケッチブック!画用紙です。文房具屋さんに売っているほどに、手に入れやすいです。

(表)とは紙のツルツルしている方です。(紙はツルツルしている方を表と呼ぶ的なことを聞いたことがあるので表と呼んでいます。 )

 

そこそこ筆は滑りますし、紙の厚みもあるので塗りやすいです。この紙もよくインクを吸います。 同じ塗り方をしたはずなのに、↑のヴィフアール紙より肌が濃く見えるのは錯覚でしょうか…紙の違いが現れているのでしょうか。



スケッチブック(裏)

コピッカーの多くの方に愛されているスケッチブック用紙の【(裏)側】です。

見た目は変わらないかもしれませんが、塗りの感覚はかなり違います。 表より裏の方が筆がすべりません。そして中目の紙の質感が少し出ています。 高い水彩用紙は買えないけど、少し水彩紙っぽい紙の質感を出したい!という方にはオススメです。 でも表より塗りムラが少し見えやすい気がします。

 

同じマルマンスケッチブック派の方でも、表・裏どちらを使うかは好みのようです!